Discovery of two

夫婦のCROSS VISION

夫婦のCROSS VISIONとは、自分の夢を描き、人生を豊かにするためのツール。

夫婦が、お互いの夢を知り応援し合えたら、とっても安心できて、パワフルで、夫婦というチームビルディングにもなります!

え、いまさらパートナーと語り合うなんて・・・というご夫婦にも。

これから夫婦ふたりの生活を創りあげていきたい、というカップルにも。

子どもを交えて一緒に創ろう~というご家族にも。

ぜひ体験してみてください♪

夫婦になっても、それぞれの夢がある。
夫婦になったからこそ、一緒に描ける夢がある。

夫婦でなかなか時間なんてとれない。

相手に夢なんてあるのかな?

私たちは別々を向いているからな、、、

という方でも、パートナーを誘って参加すればあっという間に二人で手を動かすことで、

生まれてくる“夢”を見ることができます。

最愛にして最強の味方であるパートナーと、

これまで見たことのない夢を描きましょう!

PRICE

図1.png

私たち夫婦は「リーダーシッププログラム」という共通体験の中で出会いました。 全く結婚するつもりのなかった純治と、当時シングルマザーであり再婚はリスクと捉えていた志帆が同じプロジェクトを行う中で、お互いの「違い」に対するマインドが180度変わっていきました。違いは面倒、自分が犠牲になる、子供の事を大切に思ってくれるわけがないという思い込みの中で、人との関わりをどこか諦めていた私たちですが、「違いが可能性になる」という体験を重ね、自分のいつもの領域を一歩踏み出し「血の繋がりのない家族」を創る決意をしました。そのプロセスには、子供も含めた「家族会議」をする中で、大人も子供も対等に、自分の意見や気持ちを表現し、他人とは違っていてもまず聴く、お互いを応援しあいながら、違いから新しいものを生み出すということを学びあってきました。家族とは、当たり前にあるものではなく、この関係性をどうしたいか?という問いを立て、夫婦で起業をし、コーチングや組織開発、パートナーシップに関する活動をしています。

主催者

図2.png

妻の愛が「アマゾン熱帯雨林で暮らすお金がなくて豊かに暮らしている先住民に会って来たい!!」と言うところから私たちのパートナーシップの旅はスタートした。戸惑う夫・大樹はごく普通の会社員。しかも当時保育園児がふたり。2週間もの海外遠征が一筋縄で行くはずもなかった。なぜ行くのか?なぜ今なのか?家族にとっての意味は?お迎えは?食事は?お金は?・・・いくつもの葛藤を乗り越えた結果、妻は旅立ち、夫は見送った。そして家族全員がかけがえのない経験をすることができた。

そこから私たちが学んだことは、夫婦が夢を分かち合い、可能性を信じ、応援しあうことが、夫婦関係をよりよいものにし、それは家族を、そして世界を幸せにするということ。

この人と人生を歩むと決めて結婚した相手だからこそ、夫婦としてのフェーズが変わっても、相手に興味を持って共に生き続けて欲しい。そんな願いから夫婦を応援する活動をふたりでしている。

主催者