Couple & Family

カップル、ご夫婦、ご家族に

システムコーチング

System Coaching

家族ってなんだろう?
今のままでいいのかな?
私たちなんで一緒にいるんだろう?

どちらがどのくらい稼ぐのか、家事をするのか、子供を持つか、持たないのか、不妊治療いつまで続けるのか、周囲との関係性はどうするのか。結婚、離婚、再婚、同居、別居、介護、子育て、シングルマザー、シングルファザー、ステップファミリー、婚姻関係や血の繋がりに囚われない家族の形があります。

多様化する社会の中で家族の在り方、暮らし方も様々。だから「普通の家族」なんてありません。価値観や考え方の違いはあって当然ですが、違うから難しい。犠牲者になるのではなく、自分たちらしいRight Relationship™(正しい関係性)を見つける対話力を身につけませんか?

  • *Right Relationship™(正しい関係性)はCRR Global Japanの商標登録です。

システムコーチングとは

カップル・ファミリーに向けたコーチングでは、どちらか相手に合わせるのではなく、お互いを傷つけず、合意を取りながら、「わたしたちの道」を見つけていきます。

「夫婦の間で起こる問題のうち69%は解決できない問題だ」と夫婦関係や結婚生活の研究で知られるジョン・ゴットマン氏は言っています。であれば、問題を解決するのではなく、どう問題と付き合っていけるかどうかが重要です。

"私の言い分" or "あなたの言い分"という二元論から一歩出て、「私達」として、何を学び、どうこの知恵を活かせるのか、それはあなた達自身にかかっています。

  • ・Co-leadersのカップル・ファミリーに向けたコーチングは、CRR Global Japanの提供するORSC®プログラムをベースとしたシステムコーチング®です。
  • ・ORSC®(システムコーチング®)はCRR Global Japan合同会社の商標登録です。

料金

体験セッション:55,000円(税込)90min/1回
(事前インタビュー+デザイン含む)

  • ・Co-leadersのカップル・ファミリーコーチングは夫婦のコーコーチで行います。
  • ・セッションはZOOM(オンライン会議システム)を使用します。PC/スマホがあればアクセス可能です。現在はオンラインのみで実施中。
  • ・基本的にはカップル、ご夫婦のお2人を対象とした料金です。3人以上の場合は別途お問い合わせください。

システムコーチングの流れ

1.事前インタビュー
まずは、お2人(ご家族の場合全員)それぞれと30分ずつお時間を頂き現状についてお伺い致します。その内容を元にコーチはコーチングプランを考えます。
2.体験セッション(120min)
インタビューの結果を元に、コーチからどのように見えているのかをシェアし、今後実施するとしたら、どのようなプランが考えうるかをご提案します。システムコーチングがどんなものなのかを是非体験ください。継続するかどうかは、その結果ご判断くださって結構です。
3.ご契約
体験セッションを経て、一定期間システムコーチングを受けるということを合意できた場合、オンライン上で同意書にご署名を頂き、今後のスケジュールを決定します。
4.通常セッション(120min×8回)
初回は改めてコーチとクライアントシステムの関係性を作り、全8回セッションを行います。最終回は振返りとクロージングを行います。
5.フォローアップセッション(120min)
フォローアップはオプションになります。セッションを終えて、その後自分達で対話がし続けられているか、元に戻ってしまっていないかをフォローします。一定期間後は、年1回結婚記念日や、誕生日や年末などにご夫婦の定期メンテナンスとして実施されている方もいます。

事例

Cases

結婚前後

これから結婚を考えるお2人に「結婚式」の先にある、「結婚」とは何かという問いと、これからの人生の礎を構築。お互いのパターンを知り、今後どんな困難があっても対話し続けられる関係性のベースを育みます。

新しい家族ができる

新しい命が生まれると家族の中の役割に大きな変化が生まれます。変化は時に戸惑いや激しい感情を伴うものです。お互いに傷つけあわずに対話できるようにサポートします。

家を建てる

どんな暮らし方をしたいか、どんな家族関係でありたいか、は人それぞれです。家を作るという大事なプロセスだからこそ、それぞれの想いをシェアし、対話しながら進めていくサポートをします。

仕事と家庭

子育てや介護をしながら、家計を担う1つのチームだと捉えた時に、どちらかに負担がかかっていたり、その不満をうまく言葉にできない時、チームとして最善の策を自分たちで見つけていけるサポートをします。

親子関係

子供は親から良くも悪くも多くの影響を受けます。近いからこそ、時には難しくなる関係性。それは自分の親との関係でも、自分の子供との関係でも同じようなことが起こり得ます。この根深い関係性を一緒に見つめ、結び直していきます。

ステップファミリー

血の繋がりのある家族だけが家族じゃない。いろんな家族のカタチがあるからこそ、自分たちのオリジナルの家族のカタチを見つけませんか。

子どもを持つ or 持たない

不妊治療や性の事。パートナーシップにおいて"性"に纏わる話は、とてもタブー視されやすいけれど重要な要素の1つ。セックスレスについても離婚の大きな原因になります。奥にある本当の想いを分かち合うのが難しくデリケートだからこそ2人できちんと向き合えるように支援します。

私たちらしい"別れ方"

結婚があれば離婚もある。お別れすることが自分たちらしい選択ということもある。ただ感情にまみれて自分の本心が分からなくなる前に、きちんと2人で向き合って、どんな別れ方に合意するのかを紡ぎます。

家族経営(ファミリービジネス)

家族として大切な存在であってもお金が絡むと混乱する。お互いに大事な想いがあるからこそ葛藤する。家族でありビジネスのパートナーであること両方があるという難しさに寄り添い、関係性から現実に起こっている課題にアプローチします。

お客さまの声

Customer's Voice

【うまく喧嘩、対話を怠らない】

入籍半年前から、同棲をするにあたってシステムコーチングを受けました。一緒に住むにあたってお互い気持ちよく過ごすための合意を結びたかったから。コーチングにより、2人で自分自身のことやカップルとしてどうしていきたいかを明確にできた。特によかったのは、お互いの喧嘩時にパターンに気づけ、これから険悪になった時にどうしていきたいかを明確にできたこと。今では「うまく喧嘩」しています。お互いが強く信頼し、真剣に話はするが深刻になりすぎず、対話を怠らないで続けることができると思います。(30代前半ご夫婦)

【怪訝な夫に頼み込み、受けてみたシステムコーチング】

私が好奇心の向くものは取り入れてみるタイプなので、最近コーチングを学びだしておもしろい!と思ったんだけど旦那さんが怪訝な顔をして、あまりその話はしないでおこうと思って黙っていた。でもシステムコーチングというものは、夫と一緒にやるものだというので、少しでも理解してもらえたら嬉しいなと思っているんだけど、どうすればいいんだろう?と思った。嫌がる旦那さんに頼み込みシステムコーチングを受けて貰ったところ、ふかーい深いところのお互いの価値観を見つめることができて、改めて夫が私のことを応援してくれるようになった。本当は、本音でじっくり話あう時間が必要だったんだ、ということが分かった。それから夫婦関係がよくなると、子どもに対して怒ることが少なくなったり、子どもも本音を話してくれるようになって、力が抜けていい状態になった。(40代ご夫婦・結婚8年目)

【親子でも、そもそも全く違う人間】

外国のテレビみたいに、夫婦関係が離婚の危機のような時に受けるものかと思っていたのだが、そのような状態になる前に受けておくといいものだと思った。実際に、私は自分の母親の価値観や世界観は、知っていると思ってはいたが、38年間生きていて、初めて知れた。そして自分との違いに驚いた。そして、生きている間に、それを聞けて心から良かったと思った。「どうして分かってくれないの?」と喧嘩をしてきた理由がそこにあった。そもそも全く違う人間なのだ。「家族だから」「価値観を共有しているはずだから」というのは、自分の価値観の押し付けでしかなかった。まずは、私たちから、家族の中の多様性に気づき認めなければ、本当のダイバーシティなんて浸透するはずがないと思えた。この手法は、職場やPTAなどあらゆる関係性に試してみたいと思った。(30代・60代 母娘)